給特法

スポーツインテグリティ

学校部活動としてのあり方についての議論を【日本部活動学会研究紀要第5号、2013年】

部活動の地域移行をめぐって、学校部活動の課題が注目されています。 学校部活動は、子どもたちのスポーツや文化活動の基盤として、すぐれた面をもっています。2016年度全国体力・運動能力、運動習慣等調査では、「縦割りの交流」、「自主的な準備・計画...
労働時間

教員の命と健康を守るための課題_労働時間規制で守られない公立学校教員【季刊教育法205、2022年】

教員が、過酷な労働条件の下で、「子どものために」と献身的に働き、倒れていく過労死は後を絶たない。文部科学省調査「精神疾患による病気休職者の推移」では、教職員の2018年休職者数は5,212人(0.57%)であり、この10年間は概ね同一の水準...
学校スポーツ・体育

「ブラック部活」の「ホワイト」化への課題-スポーツ庁の取り組みをとおして【季刊教育法196、2018年】

スポーツ庁は、2018年3月、運動部活動の在り方に関する総合的なガイドラインを公表しました。このガイドラインは、ブラック部活の問題を解決するために大きな役割を果たすと期待されています。  この期待に応える為に、ガイドラインの内容をより充実さ...
過労死

自宅残業も公務-中野中学校教諭くも膜下出血死事件【季刊教育法91、1992年】

中野宏之先生は、船橋市立習志野台中学校に転勤して8か月、あと2日で2学期が終わるという1987年12月22日くも膜下出血を発症し、52歳で2度と帰らぬ人となりました。 どの学校でも学期末は忙しくなるが、2学期末はこれに進路指導が加わります。...
過労死

中学校教諭のくも膜下出血死と公務災害認定-千葉地公災審査会1992年8月11日【労働法律旬報1299号,1992年】

中野宏之先生は、船橋市立習志野台中学校に転勤して8か月、あと2日で2学期が終わるという1987年12月22日くも膜下出血を発症し、52歳で2度と帰らぬ人となりました。  どの学校でも学期末は忙しくなるが、2学期末はこれに進路指導が加わります...