よりよき医療の実践

よりよき医療の実践

医療と法

医療事故の法律相談,2003年)  医療弁護団に参加する47名の弁護士の共著にかかる医療事故の①法的論点、②実務上の留意点、③症例検討について網羅的に解説しています。 Q37 過失相殺  医療過誤訴訟で、過失相殺されるのは...
よりよき医療の実践

医療関係事件における医療関係者の関わり方

医師に何が問われているのか-養護学校背腰痛症公務外処分取消判決が示すもの(労働と医学69号,2001年) 1 発症を防止しえなかった要因 1) 腰痛検診 2) 労働安全衛生委員会・産業医 3) 腰痛検診などの機能不全 ...
よりよき医療の実践

学校における医療

学校保健安全法上の校医の責務 (「学校における事故と対策」日本医師会雑誌2012年10月号)  武藤芳照先生(東大副学長)と共著で書かせていただきました。学校において,これまでに発生し紛争となった事故,あるいは,今後発生...
よりよき医療の実践

医療・介護施設における転倒予防

「ベッドサイドですぐにできる! 転倒・転落予防のベストプラクティス」(2013年)   転倒予防医学研究会で御一緒していた鈴木みずえ先生(浜松医大地域看護学教授)に声をかけていただき、私も「法的責任と裁判事例からみる転倒・...
よりよき医療の実践

事故を紛争にしないための医療者の智恵

医療過誤問題における医療者の対処法(整形外科診療における肺血栓塞栓症-患者救済と法的問題点-,ライフサイエンス社,東京,28-36,2009) (※本データは権利者の承諾を得て掲載しています。無断での転載・複製等は厳禁...